グループティスディスカッション形式での面接

再就職を希望して新たな企業への採用面接を受けるという経験をした人は多くいます。

再就職での面接時は担当者の気持ちを理解しよう

グループティスディスカッション形式での面接 再就職を希望して新たな企業への採用面接を受けるという経験をした人は多くいます。一度社会人として働いていたことで面接の際もさほど緊張せずに対応することができる人が多いですが、その中で新卒の時と明らかに面接での違う点に気がつく人も多くいます。その1つとして面接の際に、意地悪な質問をされるという内容です。これは企業側として本当にいじめるという気持ちで質問しているのではなく、再就職をする相手だからこそ狙いがあることを理解することが大切となります。企業側としては再就職での面接の場合は即戦力を期待すると同時に、何故前職を辞めたのかについて気になります。

再就職先である自社を甘く見ていないかどうかを確かめる狙いが含まれている点もあります。また社会人としてどれだけ経験を積んでいるかを確認するため、あえて意地悪な質問をおこなうことで反応をうかがっているという理由もあります。また前職に対して整理できているかどうかなども見るためです。単純に意地悪な質問をする嫌な企業だなと感じるのではなく、その質問をした理由や意図をくみ取り対応するだけの対応力が試されているのだと判断できるかどうかが重要です。企業側の再就職での面接はチェックする項目が変わることを理解しておくことが大切といえます。

お役立ち情報