グループティスディスカッション形式での面接

人生において1つの企業に入社し定年を迎えるまで勤め続けることができれば、それは一番理想でありよいことです。

転職時の面接で話してはいけない内容について

グループティスディスカッション形式での面接 人生において1つの企業に入社し定年を迎えるまで勤め続けることができれば、それは一番理想でありよいことです。ですが多くの人は途中で退職したり転職を行う場合が多いです。性別にもよりますが生活スタイルの変化だったり自身の向上が目的だったり、他業者への意欲や会社への不満や人間関係など理由は様々あります。では実際に転職を行う場合には、新たな再就職先である企業を探して採用面接を受ける必要になります。そのためまた面接試験を受けることになりますが、面接の際に注意すべきポイントがあります。

転職での面接の場合、新卒者との大きな違いは社会人を一度経験しているという点です。そのため社会人としての最低限のマナーや受け答え方などは身についている人は多いです。また企業へのアピール方法としても意欲ではなく実際に自身ができる具体的な内容を例にあげることで、即戦力をアピールすることもできます。ただし前職の職場に対する悪口だけはい絶対にいってはいけないポイントです。たとえ人間関係のトラブルや仕事に対する不満などで退職していた場合でも、それを正直に話す必要はありません。また前社を悪くいう姿勢は面接官に対してよいイメージを与えることはありませんので、絶対にいわないように注意しておくことが大切です。

お役立ち情報